消費しない果樹栽培

スポンサーリンク

新しい生活様式を模索しています!

スポンサーリンク

これからは消費しない果樹栽培。

いままでは家庭でビタミンCの栄養を補給するためになるべく1年中収穫できることを前提にさまざまな果樹を蒐集してきました。すぐれた品種の中にはブラックベリーのウォシュタやバレンシアオレンジなど必要もないのに欲しくなるようなものもありましたが、そこはぐっと我慢して当初の目的である家計の補助となる果樹の生産という目的を達するのに十分な種類の苗木を得たと思っています。
 
ビタミンCは私たちの日常の食生活ではサプリメントなしでは十分に補えない栄養素です。スーパーマーケットの青果でビタミンCを含む食べ物といえば、柑橘類かキウイ、柿などの果物は毎日の食卓に人数分揃えることはできない高額な値段となっています
 
いつも家族からバカだと言われている私の無い頭でちょっと考えてみると、果樹という分野は個人の消費に限りがある分野といえましょう。つまり、人は果物に対し一定額以上のお金を払わないという意味です。新品種の導入で消費を積極的に刺激して農家にさらなる競争と疲弊をもたらしている禁断の果物。果たして農業の分野に大きなイノベーションは必要なのでしょうか。
イノベーションとは、労働力を削減して収穫量を増やす意味も含んでいるでしょう。そのイノベーションは古い農業を駆逐して地球ごと滅ぼさざるを得ない強い欲望と攻撃力を持っています。大量生産・大量消費という方向性は、人件費の高騰や資源の枯渇、高額で大きな機械のコストで営んでいるアメリカの農家ですら持続が厳しいと本人たちは言ってます。だいたい日本の民家と農地は隣り合わせですから凄い機械を使っての営農は北海道や干拓地以外では公害を引き起こすので無理だと思います。
農業の変革が期待される一方でフランスのある地域はワインの製造を有機栽培に切り替えています。
 
物が欲しいという欲望は果樹栽培でも割と同じで嵌(は)まればいくらでも良いものが欲しくなります。しかし少し考えてみると自分の生活には「みかん」は必要でも、栽培に手間暇がかかる「せとか」は必需品ではありません。農薬ありきの果樹や手間暇がかかる果樹は既製品を買えば済むことだからわざわざ家庭菜園で育てる必要ありません。
 
私は趣味のモットーとしている「慣行栽培で農薬が絶対に必要となる果樹は自分の菜園では必要がない」ことを時々見失いつつ葛藤してきました。それはブドウと梨、リンゴと桃についてです。この四つは苗木を買った時点で欲望に負けて失敗したかな~とちょっと後悔しています。それらもなるべく有機栽培できる方法を模索しています。これらの害虫や細菌に弱い果樹栽培には趣味栽培以上の農薬が必要です。そのため害虫や病気との格闘で休日が何日もなくなるデメリットがありました。何とか有機栽培の農薬を使って対処していますがそれも限界がありました。
 
欲望とは悲しいもので、既に食器や食材があっても高級感のあるものが欲しいと思ってしまいます。それは精神面でも同じで既に幸せがそこにあっても、もっと楽しくなりたい、幸福を感じたい、などと似たような思考パターンで時々自分を顧みなければストレスに感じてしまうことでしょう。
 
そういうことで、欲深い私もついに、苗木を買い足すことはこれでおしまいにしたいと思います(といいつつ、また新しい苗が欲しくなる!)。

 

2017年は世界中が実態を伴わない仮想バブルに隠された大きな借金を見ないことにしている危うい時代です。それがリスクとは言えないまでも果樹とバブルは直接関係ありませんが、欲望というところでは根は同じです。果樹栽培もほどほどにして必要以上に作らないようにしたいと思います。ふと思ったのですが、今の時代は環境にも人にも優しい生き方への転換点であるといえましょう。物でも人でも使い捨ての経済は永遠に持続し得ないのです。

このお正月に、私もやっと禅のよさがわかるようになりました。
果樹相手にあくせくしている時間そのものが幸せなんですね。

追記

この文章を書いてから4年半後の2021年7月24日。世の中はすっかり大変なことになってしまいました。疫病が人類ほとんどすべての間で流行っています。きっかけは人の往来が自由になったこと。つまりグローバル化なので悪いことでも地球規模で災いが起きてしまいました。

皮肉なことに私が施して来た布石である果樹栽培は渦中においても平静を保つ助けとなっています。旅行に行くことなく過ごしても畑でやることが多いので肉体労働が逆にリフレッシュとなっています。果樹栽培が有事に頼れる妙薬となっています。

その間、私は遊ばない生活様式への変革を遂げました。娯楽はテレビを見るだけです。それ以外は同じ本を暗記するまで何度も読み続けています。お金は娯楽と同様にかかりますし、楽しいという感情も起きません。始めは苦痛ですぐに苛立ちを覚えたりしました。そんな日々が以降は続き、苦ではなくなりました。

ですが、相変わらず果物をスーパーで買っては消費しています。バナナとリンゴ、キウイは買わないと食べられませんので。

そうはいってもこのような生活をいつまでも続けられることはあり得ません。いつかどこかで終わりが来る、あるいは到達するということです。

お知らせ
スポンサーリンク
Naturier Birdloveをフォローする

GoodGDN

コメント

タイトルとURLをコピーしました