液体肥料の葉面散布をしました。

スポンサーリンク

今日から暖かくなるそうなので、早朝に液肥を鉢植えの果樹に葉面散布しました。バラと、柑橘類、スモモ太陽を念入りに、そしてブルーベリーにも葉面散布をしました。

お花-アネモネ

お花-アネモネ

何の花か当ててみて!
噴霧器を使おうと思って見たらカビてましたのでいったん塩素消毒をするためジョウロを使いました。ジョウロは意外とむらなくできたので次回からもジョウロでやろうと思います。

大体週1回、NとP主体の葉面散布をあと1~2回やればいいらしいです。
(柑橘類のハウス栽培の場合)

(暖地より1~2週間遅らせてやってます)

効果のほどは、わかりませんが、葉から吸収された肥料が根のほうに行き、それで根が伸長するらしいです。

合わせて自家製の謎の発酵液も試してみようと思いましたがそれは日をずらして、夕方のほうにやってみようと思います。

市販の発酵液は非常に評判がよいようなので、私のアミノ酸に分解された液肥も効果があったらいいなと思います。手作り肥料の作り方や材料はいろいろあるらしいので、時間があればまた実践してみたいです。今年は取り置きの草木灰があるので、それでアブラムシの実験をしてみようと思います。唐辛子米ぬか液や株元に銅を巻くことも試してみたいな~。柑橘類の支柱に唐辛子を張り付けるのはどうかな!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました