来年から増やそうと思ってる果樹の品種

スポンサーリンク

果樹栽培、うまく栽培できた果樹と、貧産だったり害虫でダメになった果樹。いろいろありましたけど、来年も背伸びというか、枯れ保険も兼ねて品種を増やそうと思っています。

ベリー類とイチジクは栽培スペースがないので現状維持です。イチジクは黒皮で腐敗しない大果が欲しいけど該当する品種がないので、雨でダメになるのが栽培していてがっかりするし、現行の4品種を継続します。アメリカの動画を見てるとウイルスに感染しているのではないかと思われる木も見られるので・・・私もそろそろ守勢に転じて新たな苗は買わないようにしたいと思います。

柑橘類は白柳ネーブルと4月まで貯蔵可能な森田ネーブル、既存品種の追加で早生不知火あたりを考えています。バレンシアやブラッドオレンジ類は冬越し果実の世話ができませんのでいいなと思ってもあきらめています。スイーティーは自分を含め家族が薬漬けになったら栽培メリットがなくなって困るかな。カワノナツダイダイとサマーフレッシュはどうかなぁと思案しています。サマーフレッシュはレモンがわりにサラダに使ってみたい。柑橘類って思ったより収穫まで年数がかかるので、あとで切り倒すつもりで挑戦しておいたほうがいいかなぁ。柑橘類は、春夏も何か収穫できたほうが楽しそう。

ザクロ・・・植えてから何年たっても一度も結実に至りません。しかしながら、ザクロは加工すると使えますので栽培継続したいと思います。種子入りのほうがエキスも取れるかもしれませんし、一時は無核ザクロに興味を持ったこともありましたが、このまま栽培を継続しようと思います。

お知らせ
スポンサーリンク
Naturier Birdloveをフォローする

GoodGDN

コメント

タイトルとURLをコピーしました