来年(2016年)のブドウの紫苑を夢見て仕立て方を考える

スポンサーリンク
ブドウ-紫苑-仕立て方の想像図

ブドウ-紫苑-仕立て方の想像図

私のぶどうの紫苑(3年生)がたくさんなっている夢図。

今採れる果物が何もないとこんなことを想像してしまいます。

絶対こんな風になるわけないのに
素人にきれいな果実が作れるはずがないのに
こんな樹形にした人はいないかもしれないのに
なぜかやってみたくなりました。

カビ防止のために
なるべく房を地上140cm以上のところにぶらさげたくて
前からずっと考えていたのですが
図にするとこうなりました。

やっぱり房は高い位置に置いておかないと。
欧州みたいに低い位置で実らせて土臭さをつけてワインを作るわけでもないし、
一時は垣根仕立てにもあこがれましたが
日本の雨やらカビだらけになる環境では真似しちゃダメですね。
地面に当たった水滴は遠くまではねますから。
(日曜日のためしてガッテンでもやってましたね、うぇっ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました