八朔の栽培記録 2021年-2022年 樹形を整えるもカミキリムシにやられた!

スポンサーリンク

畑で八朔の木を育てています。

スポンサーリンク

八朔の栽培日記 2021年

この年はハッサクの木がカミキリムシにやられました。雪で大切な枝が折れました。

防寒用の布を外しました 2021年4月11日

この年は例年よりも早くに温かくなり、桜の木も3月末頃には散り始めてしまいました。八朔の木も前の年より14日早く防寒用の覆いを外すことにしました。そして周りを除草しました。

防寒布を外した状態の八朔の木です。葉がしっかりと繁っており立派な木になりました。

八朔の木の栽培 Hassaku Orange tree2021年4月11日
八朔の木の栽培 Hassaku Orange tree2021年4月11日

八朔の木の様子です。葉が茂り立派になりました。慣行栽培であればこの状態でもよいかもしれませんが、有機栽培では葉が密集すると害虫だらけになってしまいます。

BT剤と銅水和剤を散布しました 2021年5月3日

八朔の木にトアロー水和剤というBT剤をアゲハチョウの幼虫対策に、とクプラビットホルテという銅水和剤をハダニ対策として散布しました。本当はコナカイガラムシなどに対する薬剤が欲しいのですが、有機JASでは対応する薬剤がありません。

八朔の蕾 Hassaku Orange tree buds 2021年5月2日
八朔の蕾 Hassaku Orange tree buds 2021年5月2日

八朔の蕾の様子です。既に膨らんでいてもうすぐ花が咲きそうです。

八朔の木を剪定しました! 2021年5月4日

初期の柑橘類は剪定しないほうがよいという考えもあります。しかし無剪定で大切にしすぎたら昨年は害虫が大発生して果実に深刻なダメージが生じました。その反省から茂みになっていた八朔の木を剪定しました。既に蕾がたくさん付いて立派な徒長枝もたくさんありましたが泣く泣くそれらの枝を伐採しました。おかげで八朔の木はかなり涼しくなってしまい収穫見込みまで減ってしまいました。

カミキリムシにやられました! 2021年7月4日

八朔の木の幹がカミキリムシに食べられた!-Hassaku-citrus-tree-Longhorn-beetle
八朔の木の幹がカミキリムシに食べられた!-Hassaku-citrus-tree-Longhorn-beetle

連続して雨が続いて少し曇り空となったこの日、湿度が90%近いのに農作業をしに行きました。すぐに汗だくとなり3回ほど服を着替えなければいけませんでした。この日は八朔の木にアミノエースという肥料を追肥し、大きくなり始めた実を摘果して減らしました。既に直系5cmくらいの大きさとなっていました。

ふと木の根元を見ると、1cmのどの穴が開いていました!!!これはカミキリムシが成虫となって脱出した痕なのでしょう!!!この害虫が入ると木が枯れてしまうこともありました。今のところ八朔の木は元気そうなので養分が往来する部分はやられてなさそうです。果樹栽培にとっては数年の努力が無駄になることもあるカミキリムシ。油断なりません!

八朔の実の様子-Hassaku-citrus-tree
八朔の実の様子-Hassaku-citrus-tree

せっかく調子よく摘果もしてあげたのに。カミキリムシにやられていたとは気が付きませんでした。とっても悔しいです!

八朔-カンキツの木の生長の様子-Hassaku-citrus-tree
八朔-カンキツの木の生長の様子-Hassaku-citrus-tree

春に剪定してからも新梢が伸びたのでゆったりとした大きさの木に育ちました!

雪が積もりました 2021年12月27日

ハッサクの木に降雪

気が付いたら5か月ほどブログを更新していませんでした。この年は他にやることが多くてなかなかブログに取り掛かれませんでした。12月19日に大雪が降ったので防虫ネットで防寒しました。さらに27日にも大雪が降り、八朔の木を除雪しました。残念ながら、大きな枝が1本折れてしまい、癒合剤で接着を試みたものの、うまく活着したかどうか。果樹栽培も困難続きです。

スポンサーリンク

八朔の栽培日記 2022年

今回(2021年度)はたくさん収穫できました!

収穫しました 2022年3月31日

ハッサクの収穫 2022年3月31日
ハッサクの収穫 2022年3月31日

もう春になってしまったので八朔の果実をすべて収穫できました。今回は本当にたくさん収穫できて食べきれません。半分くらい人にあげました。全部で14.219kgありました。これで苗木代のもとがとれました。ほんとうは嬉しいはずが、なぜかこの年は気が乗らず。育てることに慣れ過ぎてしまい感動が薄れてしまいました。

トアロー水和剤を散布しました 2022年5月4日

存在感がある割に放任し過ぎのハッサクに対し有機栽培用のBT剤を散布しました。そして木を観察していると「イセリアカイガラムシ」が繁殖していました!これには困りました。畑なのでテデトールをすると隣家から目立つのでなかなかできるものではありません。

このまま有機栽培にするか、判断に迷います。

ハッサクの木に害虫のイセリアカイガラムシが寄生
ハッサクの木に害虫のイセリアカイガラムシが寄生

なんだか気持ちの悪い虫が付いています。

ハッサクの実が大きくなりました 2022年7月3日

八朔(ハッサク)の栽培 2022年7月3日 Citrus Hassaku tree growing
八朔(ハッサク)の栽培 2022年7月3日 Citrus Hassaku tree growing

気がついて見ればもう夏になりました。歳月が過ぎるのは早いものです。その割に人間の脳が成長する速度が遅くて困ります。畑に行ってみると八朔の木が大きくなっていました。そしていくつか実がついていました。樹勢はそこそこ良いと思います。

今困っていることは木が大きくなりすぎることです。私の身長よりも大きくなったのでお手入れがしづらいです。確かに通気性は良くなりましたが、現在の樹高を維持する妙案がありません。

おすすめリンク

こちらのリンクから今すぐ苗木をお求めいただけます。通販サイトの八朔の苗木をご案内しています。

関連記事

年代順に育てた記録をまとめています。

宜しければ合わせて御覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました