リンゴンベリーの栽培記録2013年-2014年

スポンサーリンク

初めてリンゴンベリーという果樹の苗木を育てました。

  • 品種:リンゴンベリー
  • メモ:ツツジ科と同じ、2013年から栽培開始 自家受粉らしいが受粉しなかった。
スポンサーリンク

栽培記録

リンゴンベリーは食用にできる果樹です。自宅の庭で育ててみました。

2013年9月23日 苗木を購入

リンゴンベリーの苗木

リンゴンベリーの苗木

久しぶりに園芸店に行ったらリンゴンベリーという
食べられるベリーが売っていたので育ててみることにしました。

2013年10月19日 植え替え

ポット苗を¥250円で買った7号スリット鉢に植え替える。
ピートモスを使用しました。

リンゴンベリーの栽培

リンゴンベリーの栽培

スリット鉢に不織布を敷きました。

2014年10月4日 強健そう

へろへろのクランベリーと比べ、リンゴンベリーはしっかりしている。
しかし花は咲いても実が付かない。
無農薬で虫だらけのお庭にもかかわらず。
虫にとって魅力的ではないことは無農薬栽培の利点を感じるが人工授粉が必要かもしれない。
寒冷地向けなので当地にはリンゴンベリーを好む虫がいないのかも。

2014年1月11日 蕾が発生

こんなに寒いのに、蕾が付いている。

リンゴンベリーの蕾

リンゴンベリーの蕾

油粕を一握り施した。

2014年2月16日 有機肥料を与える

油粕と鶏糞と糠を混ぜた肥料を表面にほんの少し施肥。
あまり肥料をやらないほうがいい気がする。

2014年3月8日 紅葉した

リンゴンベリーのお写真です。
半日蔭に置いていたせいか紅葉したのかわからないけど葉の色が悪いような。

リンゴンベリーの木

リンゴンベリーの木

それとも、ツツジ科だからちょっとぐらい日蔭のほうがよいでしょうか?
なめくじが裏に入らないように不織布にピートモスを入れてます。

2014年3月末 液肥を追肥

アルゴフラッシュ液肥を葉面散布しました。
初心者なので覚えたての新技を使ってみたくなるので

2014年4月中旬 開花

花が咲いていました。

リンゴンベリーの花

リンゴンベリーの花

2014年4月下旬 萌芽

リンゴンベリーの木

リンゴンベリーの木

新芽が出ていました。少々日陰があるほうが湿り気もあって元気なようです。

2014年8月上旬 開花

こんなに暑いのに花が咲いていました。
花は咲くのに実はついていません。

リンゴンベリーの花

リンゴンベリーの花

2014年9月中旬 結実せず

年中繰り返し花は咲けども実は実らず!!!
これって雄木と雌木があるのだろうか!?
もうじれったい!
ジベレリン処理でも必要なのだろうか?

2014年9月下旬 リンゴンベリージャムを買う

リンゴンベリージャム-FELIX

リンゴンベリージャム-FELIX

リンゴンベリージャムのパッケージ裏面

リンゴンベリージャムのパッケージ裏面

実もならないし収穫まで待ちきれずに購入してしまいました・・・
よく見たらスウェーデン産とありました。
まだ別のジャムが残っているので味のレポートはまた次回にしてみたいと思います。
入手価格はカルディーコーヒーファームで500円でした。

2014年12月中旬 リンゴンベリージャムの味

初秋に買ったリンゴンベリーのジャムを開封して食べました。
私の安物の味覚では、新しい味で、食べなれない味でした。
食べ続けているうちに美味しいと思うようになるかもしれません。
新しい味覚には違いない味でした。

2013年12月28日 冷涼地の植物

観察していると、どうやら冷涼な気候を好むようだ。
肌寒い日でも新芽を伸ばしていた。
実は食べてない・・・とても生で食べる気がしない。
低い位置に実っているのである程度の収穫が見込めたら
加熱してから食べたい。

おすすめリンク

苗木の通販ページへご案内しています。よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました