ミカンの栽培記録 2022年

スポンサーリンク

畑でミカンの木を育てている観察日記です。

スポンサーリンク

ミカンの栽培日記

日南の姫、由良早生、石地と寿太郎の合計4品種のミカンの木を育てています。

果実が膨らみはじめました 2022年7月3日

ミカン寿太郎の栽培 2022年7月3日 Jutarou Satsuma Mandarine orange tree growing
ミカン寿太郎の栽培 2022年7月3日 Jutarou Satsuma Mandarine orange tree growing

6月の最終週は気温35度越えの猛暑でとても焦りました。6月はほとんど雨が降らず、水路に水が来ていない日があったので朝か夕方に水が来ているか調べたり、自宅から水を運んでミカンの木にやったりしていました。寿太郎の木はそこそこ元気なようですが、本来の性質として樹勢が弱い印象があります。ここまで大きくなってくれたことに感謝したいほどです。

ミカン日南の姫の栽培 2022年7月3日Hinanohime Satsuma Mandarine orange tree growing
ミカン日南の姫の栽培 2022年7月3日Hinanohime Satsuma Mandarine orange tree growing

こちらは日南の姫(ひなのひめ)という品種の様子です。ようやくしっかりと実を付けられるようになりました。こちらの品種も樹勢は中程度なようでして、石地温州ミカンほど強くはありません。枝枯れを起こしやすいという欠点もあり何とか樹勢を維持したいと思います。

BT剤を散布しました 2022年8月7日

トアロー水和剤とサフラワーオイル(菜種油)乳剤、アビオンE(展着剤)の組み合わせで農薬を「石地」「由良早生」「日南の姫」に対して散布しました。アゲハチョウの幼虫やハモグリバエ、ハダニに対して効果があります。今年は3種類のミカンの木に実がなりました。日南の姫は病気がちなので生育がよくありません。CTVウイルスに弱いのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました