オリーブの品種特性一覧 オリーブの受粉相性

スポンサーリンク
オリーブ畑-Olive-trees
オリーブ畑-Olive-trees
スポンサーリンク

オリーブの品種特性一覧とオリーブの受粉相性-趣味栽培する人のための一覧表

脳力の限界に達しましたのでこれいじょうの更新はしばらくないと思います。頭悪すぎてすみません(汗)2014, 10.19 最終更新2016, 6、2021,5

オリーブの受粉相性の簡易表を作りました・・・ど素人なので誤入力や間違いがあるかもしれませんので詳しくは別ページに添付しましたリファレンスを見てください。
テーブル品種かどうかについては機関の発表じゃなくて市場で製品化されているかどうかで判断しています。豊産性であるかどうかや隔年結果性等については品種間の一貫した比較データがないですが掲載することにしました。決して営利栽培に向けた情報じゃないです。自己受粉については一応1本でも実りはするけど「部分的に実る」程度に思っておいたほうがよいです。自分の花粉で受粉する情報があったとしても大きな果実をたくさん実らせる保証は何もありません。環境によっては実を付けない場合があるらしいです。しっかり実らせるには相性のよい品種か、ペンドリノのような受粉樹専用の品種を用意したほうが確実です。相性があるからといって相互に実るとは限りません。国内栽培の確たる結実証拠はないので情報を真に受けないでくださいね!間違っても絶対受粉相性あります!なんてこの内容を信じないほうがいいと思います、なにせ私は賢くないのでー。
※こちらを参考にするより有料の本を買われたほうが内容の保証性もあるので確実です。

オリーブの相互受粉性のある品種の組み合わせ(例)

次の組み合わせは受粉相性があると考えられました。

  • アーベキーナとマンザニロ*13
  • マンザニロとピッチョリーネ
  • コロネイキとマンザニロ*31
  • ピクアルとLechin de Sevilla*31
  • コロネイキとミッション*18(直下の引用から)
  • フラントイオとカラマタ*18
  • バルネアとカラマタ*18
  • カラマタとコロネイキ*18
  • コラティーナとフラントイオ*18と1-3-2表から。

受精率は文献か文献研究1のテキストを参照ください。

文献*18
Top likely pollen donors identified at the Gumeracha site for the following mother trees were:
• Frantoio: Kalamata, Mission
• Kalamata: Frantoio, Koroneiki.
• Koroneiki: Mission, UC13A6, Kalamata.
• Mission: Koroneiki.
• Barnea: Kalamata, Mission, Pendolino
Top likely pollen donors identified at the NOVA site for the following mother trees were:
• Frantoio: Kalamata, Coratina, Hardys Mammoth, Manaiki, Picual/Azapa
• Kalamata: Koroneiki, Frantoio/WA Mission, Barnea
• Koroneiki: Mission, Hojiblanca, Hardy’s Mammoth, Arecuzo
• Mission: Koroneiki, Arbequina, Amelon, Blanquette, Oblonga

2. オリーブの受粉相性一覧

オリーブの受粉相性を海外の文献から調べるのがたいへんでしたが、表にしてみました。ホームページづくりの基本に乗っ取って表を作ったところ、少々見づらくなってしまいました。

オリーブの受粉相性一覧

下記の表は、2016年11月時点のオリーブの品種ごとの受粉相性や品種特性の一覧表です。

私は専門家でも何でもありませんので内容に対する信頼性はありません。あくまで困ったときの参考程度にとどめておきましょう。

オリーブの品種名オリーブの果実サイズオリーブオイル適性テーブルオリーブ適性オリーブの耐寒性(注7)オリーブの自己受粉オリーブの花粉提供品種オリーブオイルの含有率%オリーブのポリフェノール含有量オリーブの生産性
アーベキーナ▲(コロネイキの結実率の半分ほど)マンザニロと相互受粉*13 ピクアルと相互受粉*3125-27 生産性高*37
アザパ特大 15-16 Slight Altanate
アスコラーナ大-特大 不*▲60%*19セビラーノ94%*19 マンザニロ89%*19 ミッション レッチーノ フラントイオ ペンドリノ25-22 Constant Good Altanate
アスコラーナテネラ大-特大 マンザニロ CAミッション マウリーノ*41低-中 Constant heavy(young) Altanate(aged)
アメリカーノ     
アルボサナ中と高の見解マウリーノ ペンドリノ レッチーノ*20 マンザニロ アーベキーナ コロネイキ*(参考: http://www.duartenursery.com/consumer-products-and-fruit-trees/fruit-trees/olive)19-20 Altanate High*20
アレクッツォ小-中     生産性高*37
イトラーナ中-大レッチーノ フラントイオ ペンドリノ アスコラーナテネラ*41 マンザニロ*41  Constant Good
ウエストオーストラリアミッション        
ウォリス       
エルグレコ ▲(率は不明)    
エンペルトレ      成木になってから良い。霜に弱。
オークラン   ▲(率は不明)    
オヒブランカ中-大 アーベキーナ マンザニロ*注2 ピクアル17-19 Altenate High
オブリザ      
オブリッツァ
オリンピア        
ガエタ        
カラマタ中-大ほとんど不和合2%*25 Pollen Geminationは23%*38 バルネア*18 コラティーナ*17 フラントイオ*18 コロネイキ*18 ペンドリノ WA-Mission  栄養成長率低*37
Altenate 技術次第でConstant
Cucco中-大不和合フラントイオ レッチーノ コラティーナ  Altenate
クライスト ▲(率は不明)    
コラティーナ中-大ほとんど不▲フラントイオ レッチーノ ペンドリノ モライオロ21-27very highConstant good Annual
コルニカブラ ほとんど不▲ 23-27very high 
コレッジョラ小-中  ミッション カラマタ*39 レッチーノ コラティーナ ペンドリノ  栄養成長率高*37
コロネイキ ▲25%*15ミッション*18*39 オヒブランカ*18 アーベキーナ ペンドリノMastoides24-28very highAltanate  栄養成長率高*37
サウスオーストラリアヴェルダル中-大 ミッション ブラックイタリアン*25   
ジャンボカラマタ特大      
J5    
セビラーノ特大 ▲50%*19アスコラーナ マンザニロ95.7% *19アーベキーナ ミッション12to17 Alternate Medium
セントキャサリン▲(詳細は不明)Alternate
タジャスカ▲部分的ペンドリノ アスコラーナテネラ*41 レッチーノ*4123-26 Constant Good Annual*44
タラスコア 
チプレッシーノ小-中  モライオロ フラントイオ マウリーノ レッチーノ   
ティニーオイルカラマタ       生産性高*37
デルモロッコ   高*37 生産性高*37 
ネバディロブランコ  マンザニロ ピクアル アーベキーナ   
ノチェッラーラデルベリーチェ不和合ペンドリノ20 Constant High Altanate
ハーディーズマンモス特大       
パラゴン(フラントイオ)        
ハルキディキ     Altenate
バルネア部分的▲カラマタ *18ミッション*18 マンザニロ*1 ピッチョリーネ*1 ピクアル ペンドリノ*18 フラントイオ  Constant High(灌漑による) Annual*44
バロウニ ▲(率は不明) 13-18Altenate,  栄養成長率やや低。*37
ピクード中-大  オヒブランカ*1 ピクアル*122-24midiumAnnual*44
ピクアル中-大中-高不*22or▲注1,部分的 Pollen Geminationは12%*38とSelf-Compatible(自己と相性がよい)とされる*1ピクード*1 アーベキーナ相互受粉*31 レッチーノ*41 マウリーノ*4124-27very highConstant Good Annual*44
ピッチョリーネ▲部分的。マンザニロと相互受粉*13  バルネア ピクアル レッチーノ ペンドリノ Aglandau アスコラーナテネラ*41 マウリーノ*41 マンザニロ*4112to20低と中、高の3つの見解Constant Good 栄養成長率高*37 Annual*44
ブラックイタリアン中-大       
フラントイオ小-中ほとんど不和合または▲低7%*25 Pollen Geminationは2%*38アメリカン ペンドリノ*1 コラティーナ レッチーノ*1 モライオロ ロシオーラ マウリーノ ミッション*18 カラマタ*1823-26midiumConstant Good 栄養成長率高*37
ヴェルダル     Constant Good
ヘレナ  栄養成長率高*37
ペンドリノ 不Pollen Geminationは3%*38どんな品種とでも。ピクアルとは不和合。アスコラーナテネラ*4120-25midiumConstant Good
ヴォロス, Konservolia      
ホワイト       栄養成長率低*37
マウリーノ 不19%以下レッチーノ フラントイオ ペンドリノ モライオロ アスコラーナテネラ*41 レッチーノ*41 マンザニロ*41 ピクアル*41 ピッチョリーネ*4114-20, 20-25highConstant good
マンザニロ中-大低-中不*22or▲30%*19 部分的 Pollen Geminationは19%*38セビラーノ94%*19and*1 アスコラーノ90%*19and*1 フラントイオ ピクアル アーベキーナ レッチーノ*41 マウリーノ*41ピッチョリーネ*4115-26, 14-20very highAlternate Good
ミッションほとんど不和合3%*25コロネイキ*18 アーベキーナ*18アスコラーナ セビラーノ19-24midiumAlternate Midium 
モライオロ ペンドリノ*1 マウリーノ*1 フラントイオ アメリカーノ18-28very highAlternate Good
ヨーロピアーナ小-中      
ラキーノ      
レクーレ 栄養成長率高*37
レッチーノ小-中不0.15%*41フラントイオ*1 マウリーノ アーベキーナ*41 アスコラーナテネラ*41 マンザニロ*41 ペンドリノ*41and*1 タジャスカ*4122-27midiumConstant Good Altanate*44
ルッカ小-中 ▲(率は不明) ペンドリノ22-24, 28midium 
UC6A7 栄養成長率高*37 Altanate
UC13A6特大容易  Altanate
ロシオーラ   レッチーノ マンザニロ   
ワシントン      
ワッガヴェルダル ▲(率は不明)    
ワラサWallace 栄養成長率やや低。*37
177(ワンセブンセブン)  中▲(率は不明)    生産性高*37 
          
     

注1.ピクアルは自家不和合性との情報もある。(http://homeguides.sfgate.com/olives-crosspollination-70521.html, クエバス, J. 2009)
 ※自家結実性の高いピクアルは別品種である可能性(筆者, 2016)
注2.オヒブランカとマンザニロは遺伝的類似性の研究においてクラスターが近い*28
注3.樹勢については3年間の樹高の伸び率の研究*37を参照し、高さと横幅の伸びの相関図において総合して高い伸び率のものを栄養成長率が高いとし、最も低いものを栄養成長率が低いとした。
注4.これらの結果は研究された国と圃場内の結果であって日本で同様の結果をもたらすものではないことに注意したい。
注6. *38はPollen Gemination(花粉のめしべの上での発芽)の%の結果であり結実の結果ではない。
注7.耐寒性高いといっても栽培可能地域(地中海性気候)での分類で、総合的に耐寒性は低い。

データベースへのリンクについて、完全に同名ではない場合があって一字違いで同じ品種かどうかわからないものもリンクすることにした。

受粉の項目に文献番号を記載した。
受粉の論文を読み比べると一貫性がないため、複数の見解を同時に記すことにした。
日本ではピクアルとマンザニロは自家和合性として紹介されているが、文献では自家不和合性であるとして否定されている。
ほとんどのイタリアのオリーブは自家不和合性である*23

暖かい地域と涼しい地域では花粉の発芽率に差がある。*38

フラントイオとマンザニロとペンドリノは完全花率80%以上であった。ピクアルとカラマタの完全花は30%未満であった。(Sexual compatibility within and between olive cultivars要約より引用)

遺伝的近縁によるグループ分け

・・・結局無知識なのでさっぱりわかりません。
DNAフィンガープリントとは何だ?といった感じです。
もし勉強する機会があったらがんばってみようと思います。

オリーブの受粉相性非相互受粉性の組み合わせ(例)

フラントイオ(母樹)とバルネア(花粉樹)*18
・カラマタとミッション*18
・カラマタとマンザニロ*18
・コロネイキとフラントイオ*18
・ミッションとマンザニロ*Pollination and Fruit Setより引用。セヴィラーノで解決できる。

ほかにも花粉が胚に受精しない多くの組み合わせがある。

オリーブの果実のサイズ、大~特大品種一覧

5g以上あったら大サイズ、10g近くあったら特大サイズと私が勝手に決めつけてます!

  • アザパ・・・果実4-12グラム。果肉と種子比11:1。
  • アスコラーナ・・・アスコラーやアスコラーとどう違うのか国によって同名でも遺伝子も異なったりするので調べるほど何がなんだかわかりません。
  • アスコラーナテネラ・・・果実8-10グラム。果肉と種子比6-8:1。
  • イトラーナ・・・写真で大と判断。丸みがある。
  • ウォリス
  • Cucco・・・実が大きい。果肉と種子比4:1。
  • サウスオーストラリアヴェルダル・・・果実7-10グラム。
  • ジャンボカラマタ・・・果実~12グラム。
  • セビラーノ(ゴルダル)・・・果実9-11グラム。果肉と種子比7:1。クロス受粉品種としてミッション等と一緒に栽培される*1。
  • ノチェッラーラデルベリーチェ・・・果実5-7グラム。りんごのように丸い。大。
  • ハーディーズマンモス・・・特大の果実。
  • ハルキディキ・・・大-特大6-10グラム。ドンキーオリーブともいわれる。果肉と種子比10:1。
  • バロウニ・・・果実大きい。
  • ボロス
  • (Conservole , Konservolia)・・・果実大きい。
  • マンザニロ・・・果実サイズ中-大。
  • UC13A6・・・果実9-11グラム。
  • ワシントン・・・果実大きい。
  • ワンセブンセブン・・・果実大きい。

リーブのポリフェノールの含有量

Olive cultivars and oil polyphenols(http://agbiolab.com/files/agbiolab_Olive-Cultivars-and-Polyphenols.pdf, 2013)によるポリフェノールの品種間比較。

高ポリフェノールの品種

  • コラティーナ
  • コルニカブラ
  • コロネイキ
  • マンザニロ
  • マウリーノ
  • ミッション
  • モライオロ
  • ピクアル
  • ピッチョリーネ(別の文献では中や低とも)

中ポリフェノールの品種

  • Aglandau
  • Arbosana
  • アスコラーノ
  • Bouteillan
  • Varolea
  • フラントイオ
  • オヒブランカ
  • イトラーナ
  • レッチーノ

低ポリフェノールの品種

  • アーベキーナ
  • ノチェラーラ
  • ピクード
  • セヴィラーノ
  • Casaliva
  • Tanche

世界の産地を代表するオリーブの品種

    • コラティーナ・・・イタリア地中海沿岸の代表品種、ポリフェノール多い*44。

ピクアル・・・スペイン地中海沿岸の代表品種、ポリフェノール多い。

アーベキーナ・・・アルゼンチンとチリとカリフォルニア*44

バルネアとフラントイオ・・・オーストラリア*44

(灌漑技術で)毎年結実するオリーブの品種リスト*44

カリフォルニア大のPawl Vossen(ファームアドヴァイザーでOlive Production Manualの執筆者)の資料から引用しました。
日本でも同じ結果になるとは限りません。

  • ピクアル
  • ピッチョリーネ
  • バルネア
  • コラティーナ
  • ピクード
  • Bosana
  • タジャスカ

家庭菜園でのおすすめのオリーブの苗木はどれか

結局どれがいいか、何がよいか、人それぞれなんですけど、

味にこだわらず、実りやすさと抗酸化物質の多さを兼ねた品種は・・・ナンバー1はコラティーナ、2位以下はピクアルピッチョリーネ
・・・ということになりました!

オリーブの目次に戻る

参考リスト

ほとんどの参考文献は番号順にオリーブのリファレンスページに別途掲載しています。

  • http://www.oleadb.it/
更新履歴
  • 2021年5月1日: ページを移転・整理しました
  • 2016年5月: ページを更新しました
  • 2021年10月19日: ページを公開しました

コメント

タイトルとURLをコピーしました