オリーブの木の栽培記録2019年~2020年 全然収穫できなくて放任することに!

スポンサーリンク

最初はすごく楽しみにしていたオリーブ栽培。本州の地面ではうまく育たないみたいです。

スポンサーリンク

オリーブの木の栽培日記

オリーブの塩漬けにあこがれて、いろいろな品種の苗木を育てて来ました。しかし、2018年に害虫で2本枯れて、1本が草刈り機で行方不明に!2019年からは3品種少なくなって、ミッション、フラントイオ、シプレッシーノの3品種だけになってしまいました。

剪定しました 2020年5月5日

去年もオリーブは実がならなかったです。いま生き残っている品種はフラントイオ、シプレッシーノ、ミッションの3本です。オリーブは病気に弱いのか、気候が合わないかでなかなかうまく育ちません。それでもフラントイオとシプレッシーノの木が大きくなってしまいましたので手に負えるサイズになるように剪定しました。

正直なところ、オリーブ栽培はとても難しいと感じています。植木鉢に植えてあるミッションは放っておくだけでも大丈夫なのですが、地面に植えると急に大きくなっていきますのでガンガン剪定をしなければいけません。

しかも栽培方法が私の中で確立しておらず、前回枯らせた木の原因を考えると剪定時期を誤ったことが考えられました。

あたかも富の象徴であるかのようなオリーブの木。私のような貧乏人には似合わない代物なのかもしれません。

発芽しました 2019年5月2日

オリーブの木から新しい芽が出ていました。

オリーブ-フラントイオ-Frantoio

オリーブ-フラントイオ-Frantoio

オリーブの木 フラントイオ Frantoio

一応、フラントイオです。毎回しっかり名前を書いて覚えないと、何の品種かわからなくなってしまいます。

オリーブ-チプレッシーノ-Cipressino

オリーブ-チプレッシーノ-Cipressino

オリーブ シプレッシーノ Cipressino

シプレッシーノです。苗木屋さんによっては「チプレッシーノ」などと書かれています。今後は英語読みで表記したいと思います。イタリア語では「チプレッシーノ」と発音します。スペイン語では「スィプレッシーノ」と言うみたいですね。

おすすめリンク

よかったら他の年の記事もご覧ください♪

最初はすごく楽しみにしていたオリーブ栽培。本州の地面ではうまく育たないみたいです。

スポンサーリンク

オリーブの木の栽培日記

オリーブの塩漬けにあこがれて、いろいろな品種の苗木を育てて来ました。しかし、2018年に害虫で2本枯れて、1本が草刈り機で行方不明に!2019年からは3品種少なくなって、ミッション、フラントイオ、シプレッシーノの3品種だけになってしまいました。

剪定しました 2020年5月5日

去年もオリーブは実がならなかったです。いま生き残っている品種はフラントイオ、シプレッシーノ、ミッションの3本です。オリーブは病気に弱いのか、気候が合わないかでなかなかうまく育ちません。それでもフラントイオとシプレッシーノの木が大きくなってしまいましたので手に負えるサイズになるように剪定しました。

正直なところ、オリーブ栽培はとても難しいと感じています。植木鉢に植えてあるミッションは放っておくだけでも大丈夫なのですが、地面に植えると急に大きくなっていきますのでガンガン剪定をしなければいけません。

しかも栽培方法が私の中で確立しておらず、前回枯らせた木の原因を考えると剪定時期を誤ったことが考えられました。

あたかも富の象徴であるかのようなオリーブの木。私のような貧乏人には似合わない代物なのかもしれません。

発芽しました 2019年5月2日

オリーブの木から新しい芽が出ていました。

オリーブ-フラントイオ-Frantoio

オリーブ-フラントイオ-Frantoio

オリーブの木 フラントイオ Frantoio

一応、フラントイオです。毎回しっかり名前を書いて覚えないと、何の品種かわからなくなってしまいます。

オリーブ-チプレッシーノ-Cipressino

オリーブ-チプレッシーノ-Cipressino

オリーブ シプレッシーノ Cipressino

シプレッシーノです。苗木屋さんによっては「チプレッシーノ」などと書かれています。今後は英語読みで表記したいと思います。イタリア語では「チプレッシーノ」と発音します。スペイン語では「スィプレッシーノ」と言うみたいですね。

おすすめリンク

オリーブの肥料です。 オリーブの土です。繊細なオリーブの木のためには市販の土がおすすめです。

よかったら他の年の記事もご覧ください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました