鉢植えの桃の有機栽培の記録2015年-2016年 きれいな桃が収穫できました!

スポンサーリンク

自宅の庭で桃2品種を植木鉢に植えて育てています。

スポンサーリンク

桃の観察日記

趣味で植木鉢で桃を育て始めて3年目と4年目の栽培記録です。栽培4年目に少し収穫量が増えました。2年間のの反省点から、2017年は桃に傘掛けを試みようと思います。

2016年9月5日 鉢植え桃、川中島白桃とイチジクのロードスの収穫とコンポートづくり

桃の川中島白桃とイチジクのロードスを収穫!

川中島白桃とイチジクロードスの収穫

川中島白桃とイチジクロードスの収穫

植木鉢で育てていた桃の川中島白桃とイチジクのロードスを収穫しました。川中島白桃は
雨が降るとのことで軒下に2日ほど収納していたのですが、見に行った時には完熟を過ぎており、袋の中で落果していたものもありました。この日、収穫した桃の川中島白桃は全部で3個で、これがすべてでした。これで、今年の桃の収穫は終了となりました。果実袋の中に落果していた桃にはアリが行列を組んでちょうど先ほど集まりはじめたばかりで、この桃をどうするか話し合っているかのようでした。ギリギリセーフ!まだアリは仲間を呼び集めている段階で仕事はしておらず、果実の中には侵入していませんでした。鉢植えの桃からおいしそうな匂いがただ寄っていました。アリの嗅覚は大したものです。

ただちょっと気になったこともあります。桃の果実袋は、この150g程度の桃の大きさで目いっぱいのサイズでした。本当ならば除袋してからさらなる肥大という成長を見せるのかもしれませんが…殺虫剤なしでの栽培となると除袋は不可能です。市販の桃用の果実袋よりもリンゴ用の果実袋が私の栽培方法には合っているのかもしれません。

桃を果実袋に入れると収穫期が分からないので困ったものです。手探りで確かめてみるも、触ったところから傷んでいるような気がしまして、桃の収穫時期の見極めは外見からは困難でした。桃は収穫期が来たら硬いものをもぎ取って、部屋で(日照時間を短くして)追熟したほうがいいのかな?どうやら桃は熟期に達すると木の一番上から熟していって、日照時間が短くなると木から離れて果実袋の中で熟れていくようです。

モモの川中島白桃とイチジクのロードスの重量測定

モモの川中島白桃とイチジクのロードスの重量測定

桃の川中島白桃の重さを測定しました。この桃の重さは154gありました。

モモの川中島白桃とイチジクのロードスの重量測定

モモの川中島白桃とイチジクのロードスの重量測定

イチジクのロードスの重さを測定しました。このイチジクの重さは37gありました。

モモの川中島白桃の糖度測定

モモの川中島白桃の糖度測定

市販の川中島白桃は硬めの桃らしいですが実際に収穫してみるとふにゃふにゃしていてたいへん柔らかくなっていました。川中島白桃の糖度を測ってみました。今回の川中島白桃の糖度は10度のものと、8.8度のものとがありました。市販の桃の糖度は14度前後なので、軒下に避難したり鉢土がすぐ乾燥したり葉の枚数が足りなかったりするなどして糖度が上がらなかったようです。一口だけ桃を食べてみました。前回の糖度7度台の桃より甘かったものの、甘味薄いけど、おいしい桃の味がしました。

川中島白桃-イチジクのロードスの糖度

川中島白桃-イチジクのロードスの糖度

イチジクのロードスも糖度が20度のものと、24度と乗っておりましたが昨日の降雨で果実内の水分が多く、風味は前回までの猛暑の最中に採れたものより青臭かったです。裂果しまくりでもロードスの糖度は20度以上で安定しています。おそらく完全に植木鉢の土を乾燥させなければロードスも乾湿の差による裂果を抑えられるのではないかと思います。このことから来年の鉢植えのイチジクと桃にはトマトの野菜用に売られている雨よけトンネルを試みようと思います。

モモの川中島白桃のコンポートづくり

モモの川中島白桃のコンポートづくり

糖度不足のようなので白ワインとレモンと少々の砂糖とゼラチンを使い、桃のゼリーを作ってみました。レモンを振りかけておいた桃を砂糖と白ワインで煮込み、仕上げにアルコールを飛ばしていない白ワインを入れてみました。見た目は何とも高級な桃のゼリーです。味は・・・ちょっとレモン汁を入れ過ぎて酸味が多すぎたかな?と思ったけど冷えると酸味は穏やかになってワインの何ともいえない高級なデザートとなりました。

モモの川中島白桃ロードス

モモの川中島白桃ロードス

にくきう。

もしも庭がもっと広かったら・・・あれもこれも栽培できたのに。もしも十分な広さの庭があれば、収穫期ごとに1品種ごとの桃を1鉢ずつ栽培できたらどんなに幸せなことでしょう。ラストの写真は画像処理でアートっぽくしてみました。

2016年9月1日 鉢植えの桃川中島白桃を収穫

モモ-川中島白桃とイチジクのロードスの収穫

モモ-川中島白桃とイチジクのロードスの収穫

桃の川中島白桃(有機栽培)とイチジクのロードス(無農薬)を収穫しました。川中島白桃も、ほととんど無農薬といっていい状態で冬季にマシン油乳剤1回と春にカリグリーンを1回散布しただけでこのクオリティー!川中島白桃は除袋しないほうが外観美麗です。二重袋を使っていたので熟期がわからず今日までの桃の収穫はすべて失敗。手探りで少々柔らかくなっていましたので収穫したら、完熟を過ぎていました。

モモ-川中島白桃

モモ-川中島白桃

有機栽培の桃の川中島白桃の糖度を測定!

川中島白桃の皮をむいてみました。中の果実も美麗で気に入りました。皮も柔らかくなっており、引っ張るだけでむけました。川中島白桃の糖度を測定しました。とっても楽しみ!ん!?あれっ・・・。やっぱりか!川中島白桃の糖度は7.8度付近を示しておりました。まず家族に一切れ食べてもらいました。「まずいっ・・・。」私も一切れ桃を食べました。「甘さ以外は合格点!ピンク色の果肉もいい感じ。果糖をかけて食べてね♪」この完熟川中島白桃の特筆すべきは・・・「渋みがない」ところです。おそらく素焼き鉢なので養分が溶け出しにくかったのかもしれません。植え替えもしてなかったので。どうやら桃の鉢植え栽培は元肥は土の中にたっぷり漉き込んでやる必要がありそうです。

桃は完全に雨よけできたことも見た目が高品質の結果に繋がったのでしょう。そしてカリグリーンの効果、意外とアブラムシに効いてるんじゃないかと思いました。桃も、畑に植えるといろいろたいへんなので。鉢植えで満足です。桃は花粉がない品種が多くて。おうちで栽培するなら花粉たっぷりの品種がいいですね。

2016年8月13日 鉢植えの桃川中島白桃の様子

モモ-鉢植えの桃川中島白桃

モモ-鉢植えの桃川中島白桃

川中島白桃の鉢植えの様子です。どう見ても欲望のままに実らせすぎて結実部分は樹勢が弱いように見えます。一番上の枝は実らせなければよかったと後悔しています。桃の鉢植えは1枝に1個、最上部は0個が正解であると悟りました。

モモ-鉢植えの桃川中島白桃

モモ-鉢植えの桃川中島白桃

白鳳は除袋せず熟期を見逃してしまい、すべて腐らせてしまいましたので、川中島白桃は1玉だけ除袋してBIKOOをかぶせて様子を見ることにしました。見たところ、まだ緑色をしており熟期ではないようでした。この川中島白桃の熟期は8月上旬から中旬が旬らしいです。頼りにしてます、川中島白桃!

2016年7月19日 桃白鳳の収穫に失敗!

桃、白鳳は先日の1個だけで、楽しみにしていた大玉の2個は収穫時期を逸して腐ってしまいました。先週の土曜日に収穫していれば・・・今年は温暖化のせいで収穫時期が本来の収穫日より7日くらい早かったようです。つまり7月の12日あたりが収穫適期で18日に腐りました。桃の白鳳は熟期が梅雨の最期と、糖度も乗らない時期なのでどうもいけません。桃は梅雨明けから収穫できる品種が欲しいです。

失敗ばかりで残り残り寿命だけが減っていくのでそう何度も失敗するわけにはいきません。残り50回も失敗できる機会すらないかもしれません。せいぜい30回くらい失敗が続けば私もおばあさんになって大きな病気のひとつやふたつ、経験してくたびれてそうです。
70年、80年も生きられるかどうかなんてわかりませんので・・・。

2016年7月10日 桃白鳳を収穫

モモ-白鳳

モモ-白鳳

鉢栽培の桃の白鳳が落ちていたということで収穫しました。二重袋にしておいたおかげで、美しい色の小さな桃ができました。鉢栽培で大玉を狙うのは難しい印象を受けました。なぜなら雨の日はいちいち小屋の中に植木鉢を入れていたからで、水やりが絶対的に足りてませんでした。もしも雨ざらしにしておけばもっと大玉になったことでしょう。やはり防水性のないBIKOOよりも料理用のジップロックで庭に雨ざらしにしておいたほうが成績がよかったのかもしれません。雨除けをしたおかげか、アブラムシや病気などの害はありませんでした。

モモ- 白鳳の断面

モモ- 白鳳の断面

桃 白鳳を試食しました。

この桃は完熟になっており、皮がするっとむけました。桃のよい香りがしました。この桃の糖度を測ってみました。今回の糖度は6度でした!コンポートにすれば、十分おいしい桃であることに違いはありません。糖分がない以外はおいしい桃でした。

2016年5月1日 袋掛けをしました!

桃の袋掛け

桃の袋掛け

鉢植えの桃の白鳳と川中島白桃に袋掛けをしました。昨年はBIKOOいちじく用という果実袋を使いましたが、ありんこが入っていたため不十分であると思いました。BIKOOは雨や最近を防ぐものではありませんので。どうせなら透湿防水の果実袋であってほかったです。今回は桃用の果実袋とBIKOOいちじく 用併用し二重袋にしてみました。実は桃の果実袋があまりに薄かったので・・・ちょっと不安でした。果たしてうまくいくでしょうか?これから自然落果もありそうですが、落ちてもわからないし、10個分ほどしか使ってませんのでこのまま袋は外さずにいこうと思います。できれば雨の日は軒下に入れて・・・。

袋掛けするときにもポロッと2個ほど果実が取れた気がします(^_^;)そして今日新たに学習したことは!桃の果実袋は口を折り返してから閉じるのです(当たり前ですね)。前回掛けたビワ袋のときはどうしてたっけ・・・\(^o^)/冬のマシン油が効果あったみたいでカイガラムシの跡が黒くなっていました。この冬は桃の木をブラシで掃除してやろうと思います。

2016年4月24日 結実しました!

モモの川中島白桃の幼果

モモの川中島白桃の幼果

桃の摘果という作業をしました。この鉢植えの川中島白桃は思ったよりも花がたくさん咲いて果実も実っていましたので、実がつきすぎて葉っぱが少ないことに気が付きました。調べてみると、お花も摘んでしまったほうがよかったようです。しまったな!今年もちょっと桃の栽培に失敗しました。今、桃の果実は1cmくらいに膨らんでいまして、それよりも小さな実はすべて取り去りました。あと上向きの実とか、場所が悪い実とかも摘果しました。こういった作業は花のうちにやっておくべきだったと後悔しています。よく見たら桃の枝が汚れているような。これは病気なのでしょうか。

モモ-白鳳

モモ-白鳳

今年の白鳳は花をつけすぎたせいで寂しいことになっています。恥ずかしながら、投げ売り苗から育成しましたのでまだ木の形が整っていません。実がついたところに葉っぱが出ないんです。白鳳は自家受粉するといわれていますが受粉率は低いような気がします。そもそも白鳳はよく見たらほとんど花粉がなかったような気がします。今年の白鳳はダメかもしれない!冬にウメシロカイガラムシにマシン油を散布したところは黒くなっています。

そういえば、ビタットトルシー。たった数日でたくさん虫がくっついてました。そして私もビタットトルシーに服がくっつきました。私がビタットトルシーにかかったせいで、1枚ダメにしてしまいました。でもハエ取り紙の粘着ノリより全然マシで強烈な粘着力はないようでした。ビタットトルシーはバラよりもイチゴや果樹の近くに置いた紙にたくさん小さな虫がかかっていました。トルシーに賢い虫(ハチやチョウ)はかかっていませんでした。

2016年4月2日 桃の花が咲きました!

桃-白鳳の開花

桃-白鳳の開花

鉢植えの桃についてです。スモモが咲いてから一週間後くらいに桃の花が咲き始めました。きれいな桃の花が咲きました。200円の投げ売り苗の割にここまで大きくなってかわいい花まで咲いちゃって。白鳳は花粉が豊富です。

モモ-川中島白桃の開花

モモ-川中島白桃の開花

こちらは川中島白桃の花です。せっかく2輪ほど咲きましたがまだ開葯していません。白鳳の花粉を川中島白桃の柱頭につけるとねっとりしていました。明日も受粉作業をしようと思います。白鳳より一週間遅くの開花なので、受粉のタイミングが一致しません。→後日、観察しました、この品種は花粉がないみたいです?調べてみたら、川中島白桃には花粉がないそうです。(品種が一致していてよかった!)よく見るとアリが写真に写っています。こちらもホームセンターで買った苗ですが、品種の特徴を調べた限りではおいしそうです。

 2016年1月20日 雪が降りました

積雪がありました-2016年1月20日

積雪がありました-2016年1月20日

朝の雪。

雪がどーんと降りました。粉雪(夜)→べちょ雪(日中)→雨(夕方)→雪(夜)都市部ではたったの5cm。こちらは25cmくらい積もったかな!明日になればきっと雪は溶けてなくなりそう。昨夜おうちに宿泊されたジョビ子は6時台にしっかりご出勤なさいました。そして暗くなるとまたいつもの場所にご帰宅「なさっておりました。以下は落葉果樹の鉢植えの様子です。

桃-白鳳とイチジクの木

桃-白鳳とイチジク

低いところから生えてますが・・・台木じゃないと思います。台木の成分も・・・入ってるかもw

川中島白桃-モモの木の様子

川中島白桃-モモの木の様子

桃 川中島白桃
鉢植えにしてはなかなか元気です。

2015年7月13日 早採りしました!

桃-白鳳の収穫

桃-白鳳の収穫

桃を収穫しました。先週の落果の失敗がありましたので早採りしてまた失敗しました。3日ほど早かったです。糖度は11度でしたがまだシャキシャキ感が残っていました。果皮・果実ともにきれいでした。来年こそは、大きくて品質のよい桃を作りたいです。今年の桃は、これが最後です。

2015年7月7日 白鳳を1個収穫して食べました!

桃-白鳳の試食

桃-白鳳の試食

お料理の写真を載せると、確実にアクセス数が減る↓のです!

きっとまずそう、きたなそう、売り物みたいじゃない。そう思う気持ちが・・・見たくないということに繋がるのでしょう。それでも本日は載せないわけにはいきません。この写真は鉢栽培で取れました(採れたのではなく、取れました)桃でございます。日曜日に見たときは、枝にくっついていたのに雨が降って気になって見に行ったら落果していました。果実袋が受け止めてくれたので、袋の中で落ちておりました。楽しみにしていたのですが・・・よく見たら虫食いの跡があり、そこから内部が腐敗しておりました。虫は種の中身だけ食べて出ていった模様です。袋かけも切れ込みのある袋ではなく、ブドウ用の袋を使ったのがいけなかったようです。桃の軸の部分が非常に短くて、枝ごと包まないといけません。その袋にはさみで切れ込みを入れてさえいればと悔やまれます。桃は上手に袋かけをすることが何よりも大事でした。この桃の糖度は10度程度で、桃の味はしました。甘味が足りませんでした。来年は1鉢に2個くらいを目標にしたいと思います。反省点は、ほかにもあります。桃の鉢植えは樹高を高くしたほうが安全です。桃は残念でした!

2015年7月8日 収獲が近い白鳳の実の様子

桃-白鳳

桃-白鳳

1玉だけ大きくなった桃白鳳です。日蔭にあるため、少々心配です。育て方の本には日光に当てると書いてありました。防虫ネットから出すとよからぬ虫や鳥がきそうなので7月中旬までこのままにしておこうと思います。こちらも日光に当ててやれば、1週間で収穫できそうです。

2015年6月4日 果実の肥大の様子

桃-白鳳の実の生育の様子

桃-白鳳の実の生育の様子

桃の白鳳です。1玉だけですが、大きくなりました。このまま順調に収穫できれば苗木代(200円)くらいはもとがとれるといいな!

2016年5月27日 桃の木に灰色のアブラムシが発生!

桃の鉢植えの木にも灰色のアブラムシが付き始めました。鉢植えなので、水で葉の裏まで丁寧にこすり落としました。アブラムシにどの程度の攻撃力があるかわかりませんが、気持ち悪いので厚めの手袋をしたほうがよかったです。木を天日でよく乾かしたあとは、桃の果実に果実袋をかけました。掛け方は枝ごと包む感じにして洗濯ばさみで留めました。

2016年5月15日 桃の花の人工授粉に成功しました!

桃の様子です。お互いの花粉で受粉し、はじめて結実しました。

桃-白鳳の結実

桃-白鳳の結実

川中島白桃より肥大が早く3cmくらいと大きいです。新芽は芽欠きしました。テントウムシの幼虫が元気よく隣に置いてあるアーモンドの植木で走り回っていましたので捕まえて白鳳の木の葉に載せました。アーモンドにはまだアブラムシは付いていませんでした。テントウムシがどこから防虫ネットの中に入れたのか謎ですが蜘蛛に捕まらないことを祈ります。観察した限りでは毎年テントウムシが庭のアブラムシが好きな木に産卵するようです。一時は農薬に頼ろうかとも考えたけどテントウムシの幼虫を見てると、やっぱり農薬はやめようと思いました。ほかにも今年はトカゲ君の数も多く、庭の中やバラなどの植木鉢の上を元気に走り回っているので彼らが毎日食べている昆虫の数を想像すると、かなりの虫を食べているはずです。益虫に毒を与えるわけにはいきません。

川中島白桃-モモの結実

川中島白桃-モモの結実

川中島白桃の葉は2枚だけ萎縮病にかかっていました。広がる様子はなさそうなので、そのままにしておきました。もしかすると葉の表面積を大きくして微生物が栄養をたくさん吸収できるようにする現象ではないかと、勝手に想像しています。桃はこれからどうするのかさっぱりわかりません。本を持ってないので、いつごろ袋かけをすればよいのかな!?よくわかりませんが、明日にでも桃を袋に入れてみようと思います!

2015年4月26日 結実開始!

桃-白鳳の花後

桃-白鳳の花後

川中島白桃を受粉しましたので、桃はたぶん肥大すると思います。
3玉くらい、川中島白桃を含めて6玉くらいなったらいいな!

2015年4月15日 開花しました!

桃のお花が咲きました。

桃-白鳳の花

桃-白鳳の花

花粉がたっぷりありそうです。

アーモンドの花

アーモンドの花

肉眼ではここまで見えませんが、花粉が付いているようです。

桃もアーモンドもかんきつ類やブドウと同じ5メートル幅×奥行1.2メートル程度のの防虫ネットの中に入れました。防虫ネットがあると、後からやってくる害虫(カメムシや蛾や蝶)に対しては効果があるようです。害虫が逃げにくくなるので、中にカエルやトカゲやカマキリなどの益虫が入ると害虫を捕まえてくれるようです。桃の白鳳の収穫時期は、7月中下旬くらい、川中島白桃の収穫時期は、8月初中旬くらいだそうです。結実がうまくいけば、今年は1玉くらい頂けそうです。摘果は、4月20日ごろから4月30日ごろまでの間に行います。

2015年4月5日 開花しはじめました

桃の花が咲き始めました。

おすすめリンク

今から始められる桃の苗木や道具類を紹介しています。

宜しければご覧ください。

関連記事

他の年の栽培記録です。過去に遡るほど初心者になっています。

合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました