カリンの栽培記録2013年-2015年2月

スポンサーリンク
  • メモ:開花は4月中旬、収穫は10月~11月くらいらしい。10月中旬(おうちの適期)。樹
  • 勢弱く花もかわいいので庭木にもいいと思う(私の主観)。
  • 難易度:地面さえあれば超簡単(と当時は思われた)。
  • 主な栄養素:ビタミンC、銅、カリウム、ビタミンE、パントテン酸、マグネシウム
スポンサーリンク

2013年の栽培記録

初めてのカリン栽培。

2013年4月27日 お花が咲いたよ!

たぶん、これはカリンの花なのかなぁ。

カリンの花

カリンの花

いつも実がならないので何の木かわからないです。

2013年12月22日 剪定をしました!

一度も実を付けなかった。
基本の剪定をした。
ポール仕立てに近い形状になった。

スポンサーリンク

2014年の栽培記録

収穫した花梨(カリン)の実からエキスを抽出できました!

2014年3月29日 芽吹きました!

剪定を誤ったため花がつかなかったー。
どひゃっ。さすが素人のミーちゃんなのだ!

花梨(カリン)の苗木の様子

花梨(カリン)の苗木の様子

2014年4月26日 お花が咲きました!

なんとかりんの花が満開なのだ。
人工授粉、できるかな!?
翌日、綿を持って人工授粉に行きました。
しかしおしべをつぶしてみると花粉が入ってないです。
花びらに落ちてる花粉らしきものも少ない。
もう花粉が落ちてしまったのかな!?

花梨(カリン)の開花

花梨(カリン)の開花

2014年5月10日 濃いピンク色の実がなった!

畑にいったら木の上部になんとカリンの実がなっていました
8個くらいあり、ピンク色でした。
強風で実が落ちないか心配です。
カリンは野鳥も食べないよね!?

花梨(カリン)の幼果

花梨(カリン)の幼果

2014年6月15日 果実はピンク色から黄緑色へ

花梨(カリン)の実

花梨(カリン)の実

果実がピンポン玉くらいの大きさになっていました。

2014年8月31日 カリンの実が大きくなったよ!

花梨(カリン)の結実

花梨(カリン)の結実

カリンの様子です。
ピンク色は消えて緑色になりました。
黄色くなったら収穫かな!?

2014年10月19日収穫間近!

ぜんぶで7個のかりんがぱんぱんに大きく張っていた。
黄色くなったら収穫しようと思う。
初の結実なのでとっても楽しみだ。

2014年10月25日 収獲!

 
花梨(カリン)の収穫

花梨(カリン)の収穫

少し黒ずんできている気がして、かりんをすべて収穫しました。
写ってる分で全部です。
どうやら寒くなると夜露か何かで果実が傷んでくるようです。
重さをはかるとぜんぶでちょうど2kgありました。

香りは薄く、しかし濃厚な甘いような何とも言えない香りでした。

当地ではまだ本格的な防寒具の必要がない10月中旬ごろが収穫の適期だったようです。

通販を調べてみると、カリンの実売価格は1kg500円前後(5kgで2千円)で販売されているようです。

収穫できたカリンを金額に置き換えると、無農薬の付加価値と汚れの価値を差し引いて800円ぶんくらいになるでしょうか。
すぐに買ってもらいたくて投げ売りするなら500円くらいかな!?

調理法を調べると、はちみつ漬けが出てきました。
はちみつ、本物は少しで千円もして結構高いので困りました。
あまりお金をかけずに簡単に作れそうなのは、カリンリキュールか、ジャムくらいのようです。

カリン酒のレシピはカリン1kgに対し、リカー500~900mlと氷砂糖だそうです。

・・・かりんジャムは皮も一緒に煮る必要があるらしく、
私の無農薬かりんの皮を煮るのはちょっと無理そうです。

2014年10月30日 カリンシロップとカリン酒を造る

カリンジャム(もどき)とカリン酒(リキュール)を作りました。
カリンは2kgあれば十分すぎる量でした。

花梨(カリン)の実を煮る

花梨(カリン)の実を煮る

カリンは果肉と種に分けて煮出しました。

花梨(カリン)の種を煮る

花梨(カリン)の種を煮る

こちらには生姜も入れて煮ました。
分けて煮たほうが濾すときに手間がいらないかと思いまして。

花梨(カリン)のコンポート(シロップ煮)を作りました!

花梨(カリン)のコンポート(シロップ煮)を作りました!

赤茶色の透明感あるシロップ(ジャムと呼ぶにはトロトロすぎたので)ができました。
ヨーグルトなどに入れるにはちょうどよい濃度です。
果肉の舌触りは梨に似てざらざらしているので好き嫌いが分かれると思います。
味はふつうでした(特別おいしいというわけでもないです)。
皮を入れなかったせいか、あまり薫り高くならなかったです。
瓶の容量は800mlでした。

レシピサイトを見てると英語圏ではマルメロのジェリーやパイ、リモンチェッロと同じ高度数(95%)でのウォッカ漬けが多いようです。
マルメロは丸くて切りづらいので、調理するときの安全を考えるとカリンでよかったと思います。

果肉はざらついた食感なので果肉をミキサーにはかけて粉砕し、シロップやジャムとは混ぜないほうがよいと思います。

花梨(カリン)酒造り

花梨(カリン)酒造り

95度のウォッカは味を見るまでもなく苦手で火災が怖いので35度のホワイトリカーに漬けました。
・・・調べたら梅と同じくアミなんとかという毒性もあるようでちょっと心配な面もあります。
ジャムもしばらく寝かせておいたほうがいいかな!?
1年後が楽しみです。

おすすめリンク

カリンの苗木とマルメロの苗木をご案内しています。エキスを抽出する伝統的な渋みや薬効をお求めの場合はカリンを、軟らかい実をご希望の場合は欧州種のマルメロをおすすめします。

苗木の通販ページへご案内しています。よろしければご覧ください。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました