ミカンがおいしくなってました。カイガラムシ対策の報告★ジャガイモとサツマイモのお話。

スポンサーリンク
ジャガイモのデジマとサツマイモのカンパチとミカンの収穫

ジャガイモのデジマとサツマイモのカンパチとミカンの収穫

サツマイモカンパチ、ジャガイモデジマ、ミカン
早生ミカンをすべて収穫しました。
収穫したミカンは39個。
12月にこの早生ミカンを食べてみると、なんと売り物のような味に変わってました。
きれいなミカンは・・・仕送りでこの箱に入れられおばーちゃんのところに行ってしまいました。
残った小汚いミカンが私の手元に残りました。

今日は畑の果樹に農薬(有機栽培で使えるもの)を使いました。
これは農薬使用にカウントされない都合のよい農薬で、
実際には農薬に違いありません。

コロナフロアブル(イオウ)に植物油と水と展着剤を混ぜたものを殺菌とカイガラムシ対策に使いました。
梅の木とスモモに念入りにかけて木が白くなりました。
ウメシロカイガラムシが繁殖していました。
ウメシロカイガラムシは厄介で手で取っても取っても増えまくります。
これがびっしり付いた状態になると樹勢が弱り、果樹が果実を実らせられません。
収穫を終えた柑橘類にもサビダニもいるみたいなので、予防とカイガラムシ対策でかけてきました。

鉢植えの柑橘類には、イセリアカイガラムシがしつこくてどうしようもない状態です。
枝についてるものは簡単に取れるのですが、葉の裏の葉脈に沿ってびっしり付いている状態です。
コロナフロアブルと石灰は効果があり、しっかりとそれが付着したところは死んで真っ黒になったまま張り付いてとても見苦しい状態です。
しかも彼らが死んだらまた生き残ったやつが急激に増えるの繰り返しで腹立たしいことになっています。
イセリアカイガラムシのおかげで鉢植えのかんきつは実りがありませんでした。
風通しなんて関係ありません。
風通しをよくしても増えています。
この鉢植えの柑橘類に対しては濃度を従来の10%に抑えたコロナフロアブルと植物油とクイックタッチに糊状にした片栗粉水溶液を加えてやってみました。
カビそうな気もしましたが、今は冬なので、これで一度様子を見ようと思います。
これでダメならまた別の方法を考えようと思います。
蓄圧式噴霧器4Lタイプを使っています。
4Lで少し余りました。
使用後の分解掃除が面倒でした。
肩掛けが短くたすき掛けはできなくて手提げ状態で使いました。
加圧するときはタンクを地面に置かないとうまく使えませんでした。
ホースが長すぎてちょっと邪魔でした。

今日もこれだけの作業で疲れてこたつで休んでいると居眠りしてしまいました。

果樹栽培で嫌な事はちょっと置いといて、
注文していた苗木が届きました。
果樹ではなくエルダーフラワーです。
エルダーフラワーを果樹として栽培します!
私がエルダーフラワーを知ったのは「ハリー・ポッター」の杖の素材です。
説明書きによりますと、ダンブルドア校長が恋人を倒して杖を入手し、
ダンブルドア校長はドラコの魔法にかかりドラコ少年の所有となるのですが、
スネイプが所有していると勘違いしたボルデモートはスネイプを倒します。
ドラコから杖を入手したハリーポッターはボルデモートに勝利したのでした。
セイヨウニワトコは病害虫に強く香りのよい花らしくて楽しみにしています。

いつも素人の果樹栽培日記をお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました