早生デコポンの栽培記録2013年-2017年8月 初めてデコポンを育ててみました☆

スポンサーリンク

ド素人が初めて早生デコポンの栽培に挑戦してみました!やっぱり自然は厳しかったです!

品種:早生デコポン収獲:1月

メモ単為結果、耐寒-4度、冬は軒下

肥料:3年生170g-114g-114(8-8-8)

スポンサーリンク

2013年の栽培記録

初めてのデコポンに挑戦しました!まったく初めてデコポンの栽培に挑戦した一年間の栽培日記です。

2013年春 苗木をポットに定植

不織布ポットにデコポン2年生を植えました。農業やってる人が当たり前のようにデコポンを買っているのを見て実際にデコポンを食べてみたらみかんより好みの味でした。季節ごとに実るいろんなかんきつを食べることの楽しさを教えてくれた品種でもあります。

2013年10月5日

早生デコポンの栽培開始

早生デコポンの栽培開始

ちょっと元気ないです。

2013年10月12日 害虫で元気が無い

ハモグリバエのせいで元気ないです。葉を取ると冬が心配なのでどうしていいかわかりません。困りました。

2013年10月18日 葉が黄色くなった!

葉が黄色いので粒状苦土石灰を100gほどばらまいてみた。

2013年11月2日 液肥を追肥

液肥1回(アルゴフラッシュ)

2013年11月16日 腐葉土を敷く

凍結予防のため腐葉土を地表に敷く。液肥1回(アルゴフラッシュ)

早生デコポン

早生デコポン

前回苦土石灰施肥時より元気そうだが、元気というにはまだ及ばない。

冬到来。きょうの最低気温3度。見てわかる、デコポンはとても寒がりだ。軒下に置いたくらいではダメだ。

2013年11月23日 防寒対策

軒下に置いたデコポンに穴の開いた透明袋を被せてみる。アルゴフラッシュを水やりがわりにやる。大丈夫かなぁ。

2013年11月30日 液肥を追肥

ホームハイポニカで灌水。油粕+発酵鶏糞を移植ごて1杯分施肥。とくに変わりはないようだ。

2013年12月29日 有機肥料を与える

表面に鶏糞と油粕施肥。

スポンサーリンク

2014年の栽培記録 大事に育てる

栽培2年目の様子です。

2014年1月26日 米ぬかを撒く

表面にうっすらと米ぬかを一握りまきました。

2014年1月28日 売り物のデコポンを買って食べた

なにもないからお店でデコポン1個98円で買った。食べたら酸っぱかった。デコポンの食べごろはまだ早いみたい!?

2014年2月16日 有機肥料を与える

油粕と鶏糞と糠を混ぜた肥料を表面に施肥。

2014年3月1日 防寒を外す

デコポンを覆っていたビニールを外した。剪定しようと見たけど切るべきところが特にないような気がした。切ったほうが気が大きくなるので後日剪定したい。

2014年3月8日 早生デコポンの様子

鉢植えのデコポン様を写真撮影いたしました。

柑橘-早生デコポンの鉢植え

柑橘-早生デコポンの鉢植え

直立気味なのです。年数が経つと横にも拡がるでしょうか?もっと茂ってほしいです。

2014年3月16日 剪定と誘引

樹形を作るために3本主枝になるよう剪定誘引した。

2014年5月6日 液肥を追肥

液肥(アルゴフラッシュ)水10Lに対しキャップ一杯を追肥した。蕾が付いている。植木鉢の表面を水苔で覆った。

2014年5月17日

早生デコポンの蕾

早生デコポンの蕾

まだ蕾でした。

2014年9月5日 うまく育たない

早生デコポン、今年はいくつ実ったかというと、3玉くらい初成りしたのですが、主枝候補の1本は(見てなかったので)丸ごと枯れてしまい、葉がうまく展開できずに小粒となってしまいました。このままではスダチや柚子代わの収穫になりそうです。ブドウの影に隠れてしまったのと土の配合がよくなかったのかもしれません。来年の結実や露地植えは無理そうです。葉の数が少ないので、もう一年鉢植えで葉を茂らせる必要があるかも。

スポンサーリンク

2015年の栽培記録

栽培3年目の様子です。早生デコポンを初収穫しました。

2015年2月11日 2個収穫

収穫して数日経過しました早生デコポンです。ぜんぶで2個収穫できました。みかんのSサイズくらいの大きさで、鉢植え2年目の冬での収穫個数はなかなか厳しいと思いました。

早生デコポンの初収穫

早生デコポンの初収穫

ナイフで皮をむいたところです。

早生デコポンの試食

早生デコポンの試食

実際、この写真と同等くらいの大きさでした。

糖度を測定しました。

早生デコポンの糖度は 16度 と少し でした。

中身の品質は素人の初収穫にしては上出来でした。市販品でデコポンを名乗れるのは13度からだそうです。

・・・種は10個くらいたくさんありました

露地栽培してデコポンをたくさん採りたいくらいですが、当地ではたぶん、デコポンの露地栽培は無理ではないかと思います。1月か2月に計2回くらい、数十センチ積るので。寒冷紗でぐるぐる巻きにしたら大丈夫そうな気もします。

2015年2月中旬 畑に移植する決意

私の地域でデコポンを作っているところがあったので、デコポンとポンカンを畑に植える決心をしました。デコポンとポンカンはこの鉢サイズでの5個程度の結果は困難だと前から薄々思っていました。

10号鉢で中晩柑は2~3個が限界のようでした。(ただし、夏場でタイマー付きスプリンクラーのようなものでもっと灌水できれば、鉢植えでの収穫可能個数は増えるだろうと思いますが、コスト的に鉢栽培は釣り合わないのでやめることにしました。)

限られた鉢植えのスペースはもう許容量を超えてしまいました!

2015年2月21日 明るい場所へ移動

防寒を解き日光の当たる場所に置きました。

2015年2月末 木の元気が無い

早生デコポンの様子です。幼木なのに3個も実らせすぎて反省しています。

早生デコポンの木

早生デコポンの木

2015年3月中旬 早生デコポンを食べる

今日、寝かせておいた早生デコポンの皮の水分が抜けてきましたので最後の1個を賞味いたしました。味は市販のデコポンと変わらぬ甘味で、一回り小ぶりで種がありました。このことから、早生デコポンの賞味期間は3月いっぱいあたりまで可能と思われます。

(・・・もっとたくさん、1木あたり最低でも5kgは収穫したいです。なぜならおうちのかんきつ類の年間消費量は50kgなので)

去年から晩柑類の畑への移植を検討して、まずは早生デコポンを一輪車で畑まで連れて行きました。不織布ポットから早生デコポンを引き抜いてみると・・・根は8号鉢程度の広がりで、今の不織布ポットの半分も行ってなくてまだまだ根張りに余裕がありそうでしたので再びおうちに持って帰りました。

根を見た感想ですが、オリーブと同じで土(市販のブレンド土)が合っていない印象を持ちました。もっと腐葉土が入っていたほうがよかったのかなぁ。でもあまり一気にすくすく育っても栽培スペースの都合や植え替えコストが上昇するのでとりあえずは、このままで、いいかな。

根について考えてみたり探してみたけど、結局どのような土がよいかわからなかった。

私のこれまでの栽培経験では・・・

現状の市販の土は表面に肥料をまくだけで葉の茂りよく、根は控えめであること、根はアルカリ性への耐性があり酸性に弱いこと(鹿沼土使用で枯れ、苦土石灰を多めにまいてもなんともなかった)素焼き鉢で根が大きくても(乾燥のため)葉の茂りはよくなかったこと、これくらいのことしかわかりません。

通気性と保水性を兼ね備えることがカギになるのはなんとなく察しがつきますが、そんな用土にするにはどうすればいいかさっぱりわかりません。

2015年4月9日 早生デコポンが芽吹きました!

早生デコポンの芽吹き

早生デコポンの芽吹き

2016年の栽培記録 害虫にやられて木が小さくなる

栽培4年目の様子です。

2016年の栽培記録

早生デコポン

早生デコポン


この年はデコポンを畑に移植したところ、アゲハチョウの幼虫の食害によりさらに木が小さくなってしまいました。収穫もなかったでです。観察日記の更新を怠ってしまいました。

スポンサーリンク

2017年の栽培記録

栽培5年目の様子です。瀕死になりました。

2017年8月

ようやく早生デコポンが少し大きくなってきたような気がします。でも結実には不適なサイズです・・・これではいつまでたっても結実にあり付けない。思い切って大きな苗木を買おうかな。デコポンだけはどうしても栽培を成功させたい。

2017年9月23日 ベニカ水溶剤散布

どうにも樹勢を増すことができなくなり、やむなく殺虫剤を散布しました。三匹くらいのアオムシがもぐもぐと葉を食べていました。可哀そうですが、アオムシのせいで木が大きくならないのでやむを得ません。

おすすめリンク

よかったらデコポンの苗もどうぞ!私は有機栽培なので四苦八苦しておりますが、農薬が使える人なら苦にならないと思います。

関連記事

他の年の栽培記録です。宜しければ一緒にご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました