無核スダチの栽培日記 2022年

スポンサーリンク

畑でスダチの木を育てています。品種は種が無いことを意味する無核スダチです。この品種の本来の名前はわかりません。地元の園芸店で苗木を買った時に「無核スダチ」とだけ書いてありました。なので品種登録されていないと思います。無登録品種とは、この品種を発見した人は心が寛いですね。

スダチの実ができました 2022年6月18日

無核スダチの栽培 2022年6月18日 Sudachi Citrus Seedless tree growing
無核スダチの栽培 2022年6月18日 Sudachi Citrus Seedless tree growing

気が付けば梅雨明けしていました。この年は本当に雨が降らなくてある意味農作業が楽でした。ただ水不足だけが気がかりだったので時折スダチの木に水をあげていました。

去年ほどたくさんの実がならなかったことから、隔年結果の傾向があるように思います。実がならないかわりに樹勢が強く、翌年の結実のことを予想すると採れ過ぎて困りそうです。

スダチの実が大きくなりはじめました 2022年7月3日

無核スダチの栽培 2022年7月3日 Sucachi citrus tree growing
無核スダチの栽培 2022年7月3日 Sucachi citrus tree growing

この無核スダチという品種は樹勢が強いです!こんなに元気な品種を見たのは石地温州ミカン以来です。気が付けば実が大きくなりはじめていました。果実の形は独特で底に窪みと円状に突き出た部分、そしてめしべがあった痕跡がありました。柑橘類の写真一覧を見ていると「これは何の実だったかな?」としばらく悩みましたが、このスダチの形状は間違いありません。

BT剤を散布しました 2022年8月7日

真夏の無核スダチの木はすっかり大きくなりました。果実も少しだけなっています。この日はトアロー水和剤というBT剤と菜種油乳剤(サフラワーオイル)にアビオンEを添加したものを散布しました。ハダニやハモグリバエに対して効果があります。この作業だけで汗だくになってしまいました。8月はなるべく畑に行きたくないなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました