越冬したサツマイモの黄金千貫が発芽しました!

スポンサーリンク
サツマイモ-黄金千貫

サツマイモ-黄金千貫

発泡スチロールの箱に入れて大切に冷蔵庫の上に収納していたサツマイモの黄金千貫(コガネセンガン)
大学芋でも作ろうかと思い久々に箱を開けてみるとなんと芽が出ていました。
これでは料理するのはためらわれます。
果たしてこのまま枯れずに成長できるでしょうか。
まだ冬は寒いですよ。

サツマイモで思い出したのが、今年のサツマイモの品種選びです。
昨年の品種もよかったのですが、品種がよすぎて大きなネズミを呼び寄せてしまうことになりました。
大きなネズミは賢いようで悪戦苦闘して今はいませんが、天井に穴が空けられて絵画の額縁までかじられてしまいました。
並のネズミ用の粘着シートでは逃げられてしまう大きさでした。
配線もかじられているような音がしたので危険なネズミでした。
放っておくと人間のほうがやられてしまいます。
はじめはイタチが暴れてるのかな~と思ってたんですが、もうそれはとても大きなネズミでこんなことは初めてです。
ネズミが誘われた品種はなんと「カンパチ(関八)」というサツマイモでした。
残念ながらコンテナに入れっぱなしだったカンパチやコガネセンガンは全部捨てました。
よい芋はほとんど人にあげていたので小さな芋ばかりで被害は少なかったです。
別の場所に置いておいた芋は無事でした。
カンパチは焼くと非常に香ばしくよい香りがする割に初期の芋はほとんど無味で熟成が必用です。
熟したカンパチはおいしかったけどホクホク系で水がほしくなるタイプでねっとり感が物足りませんでした。
コガネセンガンも天ぷらにすればおいしいお芋でしたが
天ぷらにするのが面倒でこのように食べきれませんでした。
紅はるかは甘くてねっとりしたサツマイモができて満足しています。

そういうわけで、今年のサツマイモの品種はカンパチとコガネセンガンはやめました。

代わりに復活したのが「クイックスイート」という品種です。
家族の要望が強かったので主力品種として苗を注文することにしました。
しかしクイックスイートは土中の虫害を受けやすいので私は紅はるかのほうが好きなんですが、
紅はるかは地元の園芸店でも売られているのでネット注文はしていません。
クイックスイートはねっとり系で見た目はよくありまあせんが熟成すると甘いです。
クイックスイートの貯蔵性は劣るという欠点ああるので真っ先に消費しないといけません。
クイックスイートを栽培するなら2~3カ月以内で食べきれる量がおすすめです。
紅はるかの貯蔵性は良いようで、2月中旬の今でもまったく大丈夫です。
しかし紅はるかの欠点は熟成しないと甘くないので年を越してからのほうが甘そうです。
早期に食べられるクイックスイートと合わせて栽培すると味覚を楽しめそうです。

あやこまち
今年初めて注文した品種です。
アヤコマチはカロテインが含まれているそうでオレンジ色で熟成すれば甘いらしいです。
貯蔵性は紅はるかより「易」と書かれているので期待しています。

なるっこ(九州121号)」も気になったけどなるっこの子孫の紅はるかで同じ味かもしれないので一度調べてからはもう気にならないです。

今年もマルチに芋づるをぷすっと縦か斜めに刺す方式で栽培し、虫やねずみを中に入れないように栽培したいと思います。
ぷっくりこ。
このまま発芽してほしい!
品種選び失敗したかな!?
栽培容易とあるのできっと大丈夫!(^^)!
酸味中
劣果少
耐病性甲斐路より強く
萎縮病なし
香ありで崩壊性。
日持ちよし。
三千円の苗木で果実は価格が高級品。

枯れないとわかったらちゃんと名前も書くつもり。

そろそろブドウに芽傷をつける時期らしいです。
メデールという便利な道具があるそうです。
カッターナイフでも十分かな!?

今年からブドウの鉢栽培に注力したいので
柑橘類はなるべく畑に植え替えるようにしています。
できればカーポートのようなものがあれば理想なんですが
たかがぶどうのために価値に見合わない大金出すのもバカらしいので
それだけはやめておこうと思いますw
私の果樹の栽培目的は食料を低コストで自給するためですから。

サクランボサミットの花芽-サクランボ

サクランボサミットの花芽-サクランボ

サクランボサミットです。

これは花芽かな!?
わくわく!

あ、そうそう、最近学習したことがありました。
それは化成肥料を使うと無農薬または有機栽培したことにならないそうです。
なんて厳しいの!
私は何も知らずに液体肥料や化成肥料をバンバン使ってました!
特にお気に入りだったのがチッソが少ない「いも・豆の専用肥料」でした。
今年からPとKの肥料はどうしよう!
家畜のフンはハエがたくさん出るので使うの嫌なんですよねぇ。
カリは草木灰でも作れるそうだから、草だらけの畑なら燃やさなくてもKがあるから与えなくていいかな?
カリウムって考えてみれば野菜や果物に多く含まれる成分ですよね。
しかも水の中に含まれているので買ってまであげなくていいかな!?
チッソも植木鉢以外はもうあげなくていいかなぁと思います。
魚粉も去年までは愛用してたけど、日本近海に世界でとりわけ高濃度で汚染されているマイクロビーズとかいうニュースで放送されていた汚染やヒ素が気になるし。
いやぁ。どうりで魚粉系の肥料は汚泥のようなへんな匂いがしたと思ってたんですよぉ。
魚粉も微生物に汚染されてるんですね~。
骨系や豚のフンは病原体があるかもしれないので牛舎に迷惑だろうし使いたくない。
牛が草以外の動物性たんぱく質を摂らせられているということも調べているうちに初めて知ってその不自然さに驚きました。
野菜とは関係ないですが、牛の粉を食べて育った魚の粉も畜産では牛の口に入ればBSEリスクのあることらしいですね。
ならば流行のコウモリのフンだって人畜共通感染症があるではないか。
しかもグアノとされる肥料にはなんと遺骨と書かれている。おそらく人以外の動物の骨のことと思いたい。バッドグアノを使ってる人は蝙蝠の遺骸も入ってることを知ってるのかな?
生物系の肥料は調べれば調べるほど気分が悪くなりました。
ならば鉱物由来のようリンは何肥料になるのかな?化学肥料?
ほかには塩化カリや硫酸カリ、炭酸カルシウムも有機肥料として使えるみたい。
しかしようリンにはカドミウムが含まれており土壌汚染の原因としてEUでは問題になったそうだ。

リン鉱石は一般に,有毒元素のカドミウムをある程度含有している。フィンランド,ロシア,南アフリカで採掘されるリン鉱石は火成岩質でカドミウム含量が非常に低い(10 mg Cd/kg P2O5未満のことも多い)。対照的に北・西アフリカや中東で採掘されるものは堆積性で,カドミウムレベルがはるかに高く,最悪のものは60 mg Cd/kg P2O5超である。

出典: http://lib.ruralnet.or.jp/nisio/?p=2891 EUがリンの持続可能な利用についての意見を公募

NHKの趣味の園芸やさいの時間という番組で主人公のおじさんが「ようりん」やりますといって得意そうに毎回まいているアレのことです。私もあの番組を見たときにはようりんを買ってと家族にねだって却下されたものでした。思えば化成肥料にも否定的な家族の判断は汚染を避けるということにおいては正しかったといえましょう。日本でも水田のカドミウム濃度が問題となっていて品種改良してがんばっているそうですよ。肥料は買う前によく調べないといけないと反省しています。

また有機農産物にも残留農薬というものがあり、過去に使用が認められていた殺虫剤などの成分が土壌に残っていて食品中に含まれるということが上記のHPに書かれていました(農薬使用の農産物よりは残留農薬は低いそうです)。そのHPにはデンマーク産の農産物はEUの他の諸国と比べて超過物が十分の一くらい少なかったそうです。そして有機農産物には銅とスピノサドが高頻度で検出されていて銅は慣行栽培よりも有機栽培のほうが多く検出されていたということでした。

なんでもかんでも汚染汚染って面倒でも健康に関わることなのでしっかり調べなきゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました